インタビュー

求人・採用に関わる企業のキーマンや転職経験者にお話を伺いました

お客様のためのM&A M&Aに特化したプロフェッショナル集団―GCA FASの働き方―

M&Aにおけるトランザクションサービスをコアとした独立系のプロフェッショナルファームであるGCA FAS株式会社(東京・千代田区、代表取締役=加藤裕康氏)は、包括的なアドバイザリーサービスの提供でクライアントのニーズに柔軟に対応している。今回は、GCA FAS常務取締役でパートナーの小林正紀氏に、自身のキャリアや働き方について伺った。

GCA FAS 小林氏

GCA FAS株式会社

常務取締役 パートナー 公認会計士・税理士

小林 正紀 氏

三菱銀行(現 三菱UFJ銀行)、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースを経て株式会社ブレインリンクを創業し、組織再編コンサルティング業務に従事。
その後GCAサヴィアン(現 GCA株式会社)の子会社である株式会社デューデリジェンス(現 GCA FAS株式会社)と経営統合し、同社の税務デューデリジェンスや組織再編コンサルティング業務の責任者に就任。主としてM&A及び各種組織再編に関わる税務アドバイザリー業務に従事。

税務を軸足に組織再編のスペシャリストへ

―小林様のご経歴を教えてください

税務を軸足に組織再編のスペシャリストへ大学在学中に公認会計士試験に合格しました。その後、専門学校で会計士講座の講師を1年半ほど務めたあと、就職活動を開始しました。
実家が会計事務所だったことが影響して、中堅中小企業のサポートをしたいという思いから、1994年に三菱銀行(現 三菱UFJ銀行)に入行しました。
銀行員として働く中で、企業経営者の方に税務アドバイスをすることに非常にやりがいを感じるようになりました。もっと税務についてスキルを身に付けたいという気持ちが強くなり、1997年に税理士法人プライスウォーターハウスクーパースに転職しました。
その後、2000年になる少し前に金融危機が起こって、銀行がどんどん破綻する時代がきました。
そうなると、不良債権処理がもう湯水のごとく出てくるようになりました。不良債権を処理する際には、資産査定、デューデリジェンスを行うのですが、会計事務所や監査法人だけでは仕事が追いつかないような状況になりました。
そこで友人と会社(株式会社ブレインリンク)を作り、不良債権の売買に関するデューデリジェンスをサービスとして提供しました。2001年に起業して、そういった債権の売買に携わり、その後事業再生・企業再生といった組織再生の案件にも関わっていくようになりました。

―GCA FAS株式会社にジョインされた経緯を教えてください

まず、GCA株式会社は2004年に創業され2006年に東証マザーズに上場したM&Aアドバイザリーファームであります。
GCAの創業当初は、M&Aにおけるデューデリジェンスなどテクニカルな部分というのを外部の監査法人などにお願いしながらアドバイザリー業務を行っておりました。そこをGCAグループとして一気通貫でアドバイザリー業務を行っていくために、2006年、今のGCA FASの前身となる株式会社デューデリジェンスをGCAが立ち上げ、GCAの創業者の一人でもある加藤が代表になりました。
実は加藤とは専門学校で講師をやっていたときの講師仲間でした。当時私は自らが創業した株式会社ブレインリンクでデューデリジェンス業務などを中心に行っていたのですが、そういった関係もあって株式会社デューデリジェンスから仕事のアウトソースを受けるようになりました。
仕事を受けるようになって1年ほどしたころ、自然な流れで一緒にやっていこうということになり、株式会社デューデリジェンスと経営統合するかたちで合流しました。
そのころのメンバーが今のGCA FASの創業メンバーとなっていったという経緯があります。

―現在小林様が従事されている業務を教えてください

GCAにジョインされた経緯を教えてくださいGCAグループに入ったあとは一貫してM&Aトランザクションサービスを行ってきました。
私は独立後に事業再生や企業再生に多く関わってきたということもあり、組織再編におけるストラクチャーを考えるためのノウハウを持っていました。非常に運がいい環境だったと思います。
GCAが取り扱うM&A案件におけるストラクチャリング。どういったスキームでM&Aを行うことが一番いいかといった、買い手・売り手両方にとっての税効率、ないしは会計上有利な取扱や法務的な手続きの簡便さなど、いろいろな観点で整理して最適な方法を探っていく、という役割を担ってきました。
現在はGCA FASの役員を務めながら、GCA税理士法人の代表社員としても仕事をしております。税理士法人としても、事業承継における個人の資産税など事業承継に関係したサービスに注力していこうという流れがあり、そういった分野で税務を軸足に組織再編に関するアドバイザリーサービスを行ってきた、というのが私の経歴ですね。

「お客様のためのM&A」を実現するGCAグループのサービス

―GCAグループのM&Aサービスの特徴を教えてください

GCAとGCA FASが一体となってM&Aのトランザクションサービスを行っております。
GCAが扱うM&A案件において、我々GCA FASの部隊がテクニカルな部分をサポートする、という関係性となっています。
GCAというのは投資銀行のようなイメージが合うかもしれません。各業界でどういう再編が起こるかといったことを常にウォッチしていて、M&Aの案件を作りに行く。M&Aなどの提案を通じて案件開発をしていくような部隊です。M&Aにおける交渉戦略の提案や、全体のプロセス管理といった役割も担っています。
GCA FASのメインサービス内容は、M&Aにおけるデューデリジェンス、バリュエーション、ストラクチャリングのアドバイスを行うことで、M&Aのプロセスの中で、パーツパーツで必要となるテクニカルな分野をカバーする専門家機能を担っています。
デューデリジェンスとともに、どういった形でM&Aを行うのかというストラクチャリング。どういう形で会社を買う、統合する、ないしは売るということですね。そういったテクニカルな部分は非常にニーズが高く、企業に対してファイナンシャルアドバイザリーサービスを行う初期の段階からGCA FASの部隊が入って提案を行っています。
GCAグループのサービスの特徴は、まだM&Aニーズが完全に顕在化していない段階から関与して、お客様のニーズにあわせて複数の可能性、考えられるストラクチャーをご提案して、お客様に選んでいただく。そのような上流の部分からお客様の選択に関わっていくことができるという点が特徴だと思います。
お客様のためのM&Aを実現する GCA FASのM&Aサービス

―GCA FASのM&Aトランザクションサービスの特徴を教えてください

GCA FASでは、基本的に案件ベースでプロジェクトメンバーをアサインしていきます。
一回案件に関われば、その案件に対してストラクチャリングのアドバイスからデューデリジェンス、また必要に応じてバリュエーションといった業務を同じメンバーで行っていきます。
デューデリジェンスだけ、バリュエーションだけということだと、やはり全体が見えなくなります。デューデリジェンスが終わったあとに、その結果がどのような形で交渉に活かされたのか。価格交渉なのか、契約上の条件交渉なのか、クロージングでどの点が効いたのか。そういった後工程がわからないと、何のためにデューデリジェンスを行うのかもわからず、そうなると通り一遍のただの作業になってしまいます。
我々は上流の部分からM&A全体のプロセスでお客様に関与しています。お客様が何のためにM&Aを行うのか。このディールの目的は何で、その目的達成のためにどういった条件があるのか、といったことをプロジェクトメンバー全員が理解しながら案件を進めていくことができます。デューデリジェンスにしても、何のために行い何に活かされているのか、ということが案件を通じて常に理解しながら進められます。このような点がGCA FASの特徴だと思います。

M&A全体のプロセスに関わり豊富な実務経験とノウハウを学ぶ

―GCAグループで働く魅力を教えてください

M&A全体のプロセスに関わり豊富な実務経験とノウハウを学ぶいい意味でも悪い意味でも「専門特化しないところ」は魅力だと思います。もちろんFAS部隊なので、テクニカルサポートをする会社としては特化していますが、個人が特定の分野に特化するということはしません。
機能として専門分割するのではなく、案件ベースで全てのプロセスに関与することで、個人個人のスキルの向上も目指しています。
M&A全体のプロセスに関わり、パーツパーツだけでなくお客様の思いを共有しながら案件の進行に寄り添っていく、お客様と会話を重ね、課題を解決し、そしてお客様の目標が達成されるといった経験は、この仕事が非常にやりがいのあるものだと強く感じさせてくれます。

お客様の声に応えたいという思いが自らの成長につながっていく

―今後、どのような人材を採用していきたいとお考えですか

「何でも相談してもらえるようなお客様を持ちたい」と思っている人に来てほしいですね。テクニカルな部分の相談だけではなくて、ちょっとした悩みでも相談されるとうれしい、と感じられるようなマインドを持っているような人です。
あとは、グループの枠を越えてコミュニケーションを図れる人。お客様や社内ネットワークを自ら構築できる人のところには、自然と情報が集まってきます。
普段からいろいろなところで交流をしてコミュニケーションを図っていけることは、この仕事をする上では非常に大事なことだと思います。
そういった姿勢が、お客様のニーズに応えるときにも非常に役立ちます。

―最後に採用候補者へ向けてメッセージをお願いします。

GCA FAS 小林氏 メッセージ当社は課題解決型のファームですから、「自分で考える」ということが仕事において最も重要なことです。
ときには、悶々と悩み苦しむこともありますが、しっかり考えてひねり出した提案は必ずお客様に評価されます。それがこの仕事のやり甲斐だと思っています。
そして、お客様に何かあったときに声をかけてもらえるというのは非常にありがたいことで、それに応えたいと思って行動することが、自分の力になっていくのだと思っています。
自分で考えていろんな解決策をお客様のために提示していく。そのプロセスで実力がつき、応用も利くようになっていきます。
業務領域を特定せずに、「自分の殻を破りたい」「いろいろな力をつけたい」という方には、ぜひチャレンジしてもらいたいと思います。

PICKUP