業界・転職情報

コンサル・金融などの業界情報や転職に関する情報をお届けします

「バズる転職術」

バズる転職術準備編前半

バズる転職術~準備編前半~

バズる転職術とは・・・

今話題となっている〝バズる″
これはネット上で、ある特定の話題や言葉が爆発的に広まり、各方面でも話題になる事を表すワードですが、現在は個人のみならず自社イメージの向上や認知、販売増加に繋げる重要な戦略として〝バズ・マーケティング″を行う企業も増えてきています。

これを転職活動に置き換えてみると、面接でしっかりと自分を売込み、最終的に企業担当者から「いいね!」と高評価を貰い、最終的に「内定」を貰うことを言い換えれば、企業に対して自分を〝バズらせた″ことと同じであると言え、そして満足度の高い転職を実現している人の共通点として彼らは〝バズらせる″のがとても上手と言えます。

転職活動における自分をバズらせる方法について、金融、コンサル業界の転職コンサルタント目線から、準備編、そして実践編までのアドバイスを連載致します。

バズっている人は必ず『転職コンサルタントに会っている』

転職を成功させている人の共通点の一つとして「情報収集力」の高さが挙げられます。
みなさんは転職を考えた際、どのように情報収集をしていますか?
おそらく多くの方がサイト検索をしたり、求人サイトに希望条件を登録して、あとは送られてくる該当求人やオファー求人を小まめにチェックして…その繰り返しではないでしょうか?
決してそれが間違った方法ではありませんが、転職を成功させている人は、必ず転職コンサルタントと面談しています。(会社によってはキャリアカウンセラーとも言います)
前者と後者では、情報収集量に圧倒的な差が生まれます。特に金融コンサル業界における転職動向は経済・国際情勢等の影響を直に受けるため、転職マーケットの変化も著しく変化しています。そうしたマーケット変化に長けていれば問題ないですが、皆さんはいかがでしょうか?
おそらく人材紹介業に就いている方でない限り最新の動向を掴むのは、まず無理だと思います。
これまで転職コンサルタントと面談をしたことがない方は、ネット情報だけに頼らず、転職コンサルタントに直接会い、まずは情報収集をすることからスタートすることをお勧めします。

準備編後半に続く

PICKUP