業界・転職情報

コンサル・金融などの業界情報や転職に関する情報をお届けします

転職成功事例vol.1〜視野を広げた転職活動〜

転職成功事例Vol.1

Aさんの成功例:29歳・男性
BIG4 コンサルファーム5年目(シニアコンサルタント)年収750万円
→官民ファンド バリューアップ担当者(アソシエイト)年収900万円へご転職

ご相談にいらっしゃったのは29歳男性のBIG4コンサルティングに4年勤務されていたシニアコンサルタントの方です。
現職ではメーカー・外資系企業に対し、経営人事・組織改善コンサルティング業務に従事されていらっしゃいました。
ご転職を考えた経緯や、ご志向をお伺いさせていただいたところ下記の通りでした。

・将来起業を考えており、投資銀行・PE・VCで投資フロントとして活躍したい。
・ハンズオンで経営支援出来るような環境に身を置きたい。

上記ご希望をお伺いし、日系投資銀行・政府系投資銀行・ベンチャーキャピタル・官民ファンドをご提案し、選考に進んでいただきました。
残念ながら投資フロント職としては、投融資のご経験やプロジェクトファイナンスのご経験が無いため、採用は難しい状況ではございました。
しかし、求職者様の将来のキャリアプランや今までのご経験をご推薦することで、ベンチャーキャピタルや官民ファンドから「投資フロント職では条件に合わないが、投資先のバリューアップ担当者としていかがでしょうか」というご提案をいただくことができました。

将来のキャリアプランを見据えて、当初検討していなかった職種へチャレンジ

当初、投資フロント職で活躍したいというお気持ちが強かったので、ご希望に合わないのではないかと思いましたが、転職コンサルタントからご自身の今までのキャリアを考慮すると、投資フロント職ではなく、バリューアップ担当の方が知見を活かせるのではないかとアドバイスさせていただきました。
その後バリューアップ担当者として選考に進んでいただき、ベンチャーキャピタル・官民ファンドで内定を獲得されました。
どちらのファームに行かれるかお悩みになっていらっしゃいましたが、ハンズオンで経営支援が出来る事、社会貢献性や他のファンドがあまり支援しない企業への投資が出来るという点で、官民ファンドへご転職を決意されました。

第一希望の投資フロント職ではございませんでしたが、職種の幅を広げたことで目指している将来へのステップアップに活かせる転職が叶った1件となりました。
現在は、投資先のバリューアップ担当者として、海外を飛び回っていらっしゃるようです。

GENSENの転職アドバイス

ご本人の希望職種へサポートすることが一番ではありますが、場合によってはご本人の意思とご経験が少しミスマッチな状況もございます。
最終的に目指しているキャリアに向けて、ご自身では考えていなかった柔軟で幅の広いご提案ができるのも、転職エージェントを利用するメリットでもあります。
求職者様のご転職したい背景をきちんと汲み取り、ご希望の人生へ少しでもお力添えするためのアドバイスをさせていただきます。

PICKUP