業界・転職情報

コンサル・金融などの業界情報や転職に関する情報をお届けします

投資銀行業務ができるのは投資銀行だけ!? その特徴と求められる人物像

投資銀行業務ができるのは投資銀行だけ!?

弊社GENSENの登録者でも転職先の希望として人気が高い「投資銀行」。特に外資系投資銀行への転職を希望する方の登録がここ最近増えてきております。
通常の銀行は「預金」を元に、企業や個人に融資しますが、投資銀行では「預金」という機能がないので、企業に直接お金を融資することはありません。投資銀行は融資ではなくクライアントの資金調達を支援して手数料をもらうビジネスモデルです。

また、証券会社と近いビジネスモデルですが、投資銀行では個人の富裕層に向けて営業を行う「リテール営業」をおこなっていないので、法人をメインに資金面の支援を行う仕事が一般的です。ただ、証券や銀行でも下記投資銀行業務を実施しているケースもあります。

投資銀行業務の一例

▽株式や債券等の新規発行証券の引受
元本保証のある「債権」としての販売や元本保証のない「株式」と引き換えで調達したりします。その際、投資銀行が債権株式すべてを買い取り(引受)、世界中の投資家へ販売。

▽M&Aアドバイザリー
企業戦略に沿って買収することでシナジーがうまれる候補企業のリストアップから相手方との交渉代理、企業価値の算定、買収にあたりクリアにしておかなければならない会計・法務上の洗い出し等、安心して買収完了できるような支援

その他、株式・債券の委託売買(ブローキング)や自己勘定による売買(トレーディング・ディーリング)、デリバティブ商品の組成や販売、投資家向けの情報提供等も投資銀行業務として考えられております。

投資銀行のイメージ図

カバレッジとプロダクト

カバレッジ 業界を切り口にした分別(営業担当)
TMT:通信業界・メディア業界等を担当
FIG:金融業界を担当
GIG:一般消費財や重厚長大の製造業を担当

プロダクト カバレッジがとってきた案件を遂行する部署
M&A(吸収合併)についてアドバイザリー業務を行う
ECM:エクイティーキャピタルマーケット/(株式)資本市場部
DCM:デットキャピタルマーケット/(債権)資本市場部

投資銀行コンサルに求められる人物像

金融機関にて上述の経験をお持ちの方はもちろん、弊社では20代の若手(ポテンシャル)人材を求める求人は数多く取り扱いがございます。特に戦略系コンサルやFAS系コンサルティングファームにてM&Aの実務経験がある方が好まれる傾向です。投資銀行(業務)への転職に興味をお持ちの方、転職の可能性はあるのか等、まずは不安点やお悩みの点をお聞きし業界情報のご提供や、キャリア形成についてのアドバイスができればと考えております。
なお、すぐにご転職をお考えでなくとも、3年・5年といった長い時間軸でのキャリア形成のご相談も設けておりますので、ぜひ当社GENSENの転職サービスをご活用ください。

PICKUP