業界・転職情報

コンサル・金融などの業界情報や転職に関する情報をお届けします

転職成功事例vol.6 〜日系証券会社から債権ファンドマネジャーへ~バイサイドにチャレンジしたいというご意向にそって転職成功!

転職成功例:30歳男性
大手地銀→日系大手の証券会社

外資系アセットマネジメント会社の債権ファンドマネジャー

ご相談者様は大学卒業後、地方銀行にて2年間リテール営業を経験した後、現職の証券会社へ転職。証券会社ではデリバティブの対応・私募投信信託作成、アセットマネジメント会社や投資家対応、証券化商品の販売等の業務に従事されていました。会社の方針で債権やデリバティブ系を担当する部門の体制が大幅に変更となり、ご自身の役割も同様に変更になってしまったため、GENSENに登録されました。

 

▽コンサルタントから見た転職成功のポイント
<ご相談者様が重要視されていたのは以下の点でした>

  • バイサイドにチャレンジしてみたい
  • 機関投資家向けの営業経験を活かしていきたい
  • 年収は下げたくない

 

面談当初は漠然と「バイサイドにチャレンジしたい」「ポジションに関しても機関投資家向けセールスのポジションしかない」とご本人は考えておられました。ただ、ご本人の希望が「機関投資家向けの営業ではなく、他のことにチャレンジしたい」というお気持ちでしたので、弊社の営業担当がアセットマネジメント会社に機関投資家向けセールス以外のポジションでご活躍できるところがないか相談したところ、外資系の大手アセットマネジメント会社で債権を中心としたファンドマネジャーのオファーがありました。

そこで、ご本人に債権ファンドマネジャーのポジションを提案したところ、ファンドマネジャーのイメージができないとのことでしたので、業務内容詳細やキャリアパス等をご案内しました。その結果、業務内容にも興味をお持ちいただき、こちらのポジションで希望するバイサイドでの転職が結実いたしました。

PICKUP